メンズスーツ

スーツの正しい着こなしかたは、あまり知られていません。
写真を参考に、どのようにスーツを着こなせばよいのか見てみましょう。


 肩のそばにあるこういったシワは、ここにできるべきではありません。
https://lh5.googleusercontent.com/--TLQ5qKZyV8/VHoLoXPFbzI/AAAAAAAAMoY/ytgmVCQnTag/s1600/images.jpg

お腹のまわりがタイトすぎ、シャツの袖が長すぎるようです。

これはいい着こなしです。シワもありません。袖の長さも完璧です。


すばらしい襟です。カラーの先端がちょうど襟の折り返しにかかっています。


これこそダメなジャケットの典型です。シワが多すぎますね。
https://lh6.googleusercontent.com/-yOm-B36rVNs/VHywXRdQW_I/AAAAAAAAMto/xokwalnfsaQ/s1600/1.jpg

ここにこんなシワがあってはいけません。
https://lh4.googleusercontent.com/-n0b9iaHRgbA/VHoLqpQnLaI/AAAAAAAAMpE/O96371KFINo/s1600/15235598-15235600-large.jpg

 
右腕の袖が、左腕の袖よりも短くなっていますね。右腕の袖口は腕時計をすることを考えて、すこし長さと幅をもたせるべきなのです。
https://lh3.googleusercontent.com/-v_cSgZ-qqmQ/VHyxDF1eYvI/AAAAAAAAMt0/qKhzHbaGo5E/s1600/2.jpg

ジャケットの胸回りがすこし大きすぎるようです。 

これはひどい襟ですね。

これはたぶん、すごく高いタキシードでしょうが、見た目がいいとは思いません。パジャマとおなじくらい着心地がいいのは確かですが。

もしこのボタンがもうすこし下の位置にあれば、とても見栄えがよかったのですが。

サイズふたつぶんは大きいです。

 
このジャケットの襟は、この男性のようななで肩の方のために仕立てられていません。だから低くなり、このような隙間ができるのです。


肩のあたりに肉づきがなく、骸骨のようなので、こういったシワができてしまうのは仕方ないといえます。ただ、もうすこしジャケットの肩のあたりを詰めていれば、良く見えたでしょう。


黄色いジャケットの袖はあと1センチほど短くするべきでしょう、そうすればシャツの袖が見えます。 ジャケットの前部にいくつかシワがありますね。青いジャケットの襟の折り返しが膨らんでしまっていて、これは胸元がもうすこし大きく作られていれば起こらなかったでしょう。また、青いジャケットの左の袖はもうすこし長くあるべきです。

肩と胸元のあたりをもうすこし詰めたほうがよかったですね。

 袖がすくなくとも1センチは短いです。

胸回りはとてもいいですが、袖が長すぎます。

シャツの袖口がぎりぎり見えるくらいにするために、もうすこしジャケットの袖を詰めたほうがいいしょう。また、ジャケット自体がすこし長すぎるようです。ズボンについては、完全に長すぎです。
Too Long Trousers

胸元のこのシワはここにできてはいけません。

左にある袖はシワだらけで良くありません。そでぐりが正しい位置になく、また袖はもうすこし角度を直すべきでしょう。もし既製品のスーツでいつもこういうシワができてしまうあなたは、肩の形が特異ということなので、テイラーメイドで仕立ててもらうしかありません。右の袖はいい感じに落ちています。

後ろにシワが多すぎますね。


もしあと1センチだけお腹まわりが大きく作られていたら、これは完璧な着こなしだったでしょう。

既製品のスーツがあなたに合わないのは、なで肩が原因です

ボタンの位置が高すぎ、ジャケット自体が短すぎます。

なで肩が原因で、シワがたくさんできてしまっています。既製品のシャツで彼に合うものはありません!

カラーの品質が低いため、おさまりが悪いです。

タイトなズボンです――ファッション・パーティーにはいいですが、オフィスでは履けません。

3ボタンのジャケット――流行遅れです!
2ボタンあるいは1ボタンがいまのおすすめです。

窓の格子のような細い線の柄です――これはスリムなひと専用です。また、採用面接やお葬式で着てはいけません。

シャツのカラーが白いですね――裕福そうに見せられますし、チャレンジへの準備ができているようにも見せられます。


署名入りです。
あなたの名前を織り込みましょう。突飛ですが、私たちなら作れます。

リンネルのスーツです。
夏の時期、これ以上に格好いいものはありません。

大きな方々
ズボンをすこし下げて履きたいですね。腰のあたりはもうすこし傾斜がいり、股のところは小さめに仕立てたい。仕立屋だけができる仕事です。
 


Comments